読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおぽん家

おまえはほぼ死んでいる。

電通鬼十則とは?

こんにちわなおぽんです。

またまた雑記です。

仕事の話で思い出したのですが、私が学生のとき

勉強がつらくて(つらい話しかしてなくてすんません)w

自分をふるいだたせるためにネットの海をさまよい

見つけた格言(?)が

電通鬼十則だったんですよね。

 

電通鬼十則ってどんなのかと言いますと。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

 

今、電通の社員が過労死したとかで問題になってるみたいですけど、

この厳しく熱い文言が

当時私の闘志を燃やしてくれました。

 

いたく感銘した私はこの言葉を冷蔵庫に貼り、

つらいときにはこれを胸に勉強に励んでいたのでした・・・。

これの逆バージョン、「電通裏十則」なるものも存在するらしいんですが、

それはさておき。

 

絶対あきらめないという意思をうたっている

5番も捨てがたいのですが

目からうろこであったのは

6番「周囲を振り回す人になれ」という一文でした。

自分から率先して動き、周囲を巻き込んで行動してゆける人は

大きな事を成し遂げるのだと思い、

人から引きずられているようじゃダメなんだと。

自分本位で動かないと

自分の望む結果になんてなりっこない!!

だから、人を振り回したっていいんだ!そうするべきなんだ!と。

 

 

その言葉の受け止め方間違ってるような気がする

(っていうか間違ってるんですが)

当時の私はそう解釈し、それを実践するべく

慎ましく生きていたスタイルを顧みて

「わがまま言ったっていいじゃない」という

迷惑極まりない意識を芽生えさせ

周囲に迷惑をかけまくっていたのでした。(特に母親に。)